読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

走って、呑んで、食って、笑う

50歳からランを始め、フルマラソン、トレランに挑戦しています。ランの話題と日々の出来事をサクッと

大往生

親戚のおじいさんが、亡くなった。
92才だった。

その日、おじいさんは、いつものように近所の
銭湯に行き、自宅の一階にある
お店(小さな食堂)で暫く休んだあと
二階の寝室に引き上げた。
いつもの通りだ。
ただ少し違ったのは、おばあさんが
暫くした後寝室に入ってきた時
いつもの「遅かったね」という声がかからなかったくらい。

朝、起こすとすでに事切れていた。

自分で体を洗い、まさに眠るように
逝った。

病むこともなく。
苦しむこともなく。


まさに大往生というに相応しい
最後だった。

私も、
できれば  
そういう風に  
人生を終わることが
できたなら。