走って、呑んで、食って、笑う

50歳からランを始め、フルマラソン、トレランに挑戦しています。ランの話題と日々の出来事をサクッと

京都マラソン 反省篇

f:id:ymy0927:20170223063017j:image

 

色々あった京都マラソン

やはり、昨年の姫路マラソンより

タイムが大きく後退したことが、ショックだ。

 

原因として考えられるのが

年末年始のハーフ、30キロ走の疲れが 

なかなか抜けなかったこと。

 

その体調不良のため、マラソンペースでの

ペース走がほとんど出来ていないこと。

 

ノロウィルスにやられ、5日間寝込み

3週間前の30キロ走が出来ず

結局は2週間前の実施でかつ中途半端な

ものに終わったこと。

 

前日の受付、社員旅行などで歩き過ぎて

翌日に疲れを持ち越したこと

 

などなど。

 

また、今まで私の走ったフルマラソンは

平坦なコースが多く、京都マラソンのような

起伏に富んだレースは、今回が初めてだった。

 

ラップを見てみると、

 

f:id:ymy0927:20170223060303p:image

 

f:id:ymy0927:20170223060315p:image

f:id:ymy0927:20170223060321p:image

 

25キロ付近までは、まあまあ走れて

いるのだが、それ以降の落ち込みが

激しい。

それまでキロ6分弱で走れていたのに

一気に7分弱へさらに7分30秒台へと

タイムが落ちている。

 

ちょうど下鴨本通りを折り返し、植物園を越えて1回目のトイレにかけこんだあたり。

 

前半の上りの疲れと、トイレに行った

ことにより気持ちが切れてしまったのかも。

 

そもそも何故トイレに行きたくなったのか

二回も、しかも大を。

 

前日は炭水化物中心のメニュー。

アルコールもいつもより控えめ。

社員旅行の宴会もバイキング方式だったので

パスタやパンなどを選んで食べた。

 

当日は朝4時起きで、当然トイレにも

何回か通い、出しきった感はあったのだが。

 

お腹の中は、どうなっているのだろう。

 

他のランナーの方は、この辺りは

どうされているのだろう? 

 

色々な、原因はあるが、体調が万全では

なかったのが、一番大きな要因。

それが、練習に臨む気持ちにも

反映されたのだ。

 

今回分かったのは、自分が予想以上に

タイムに、こだわっていたこと。

なので、予想以上に凹んでいる。

 

これは自分でも意外だった。