ふもと企画的日常

森羅万象、世迷い事、日々思うことを書き連ねていきます。

今週の写真日記 2024.512〜19

f:id:ymy0927:20240519151256j:image

日曜日 久しぶりの神戸歩き

西村屋珈琲本店


f:id:ymy0927:20240519151306j:image

山手のモスク寺院を撮影していると

関係者と思しき女性が

見学もできますよと言ってくれた

すごく感じのいい女性だったf:id:ymy0927:20240519151252j:image

初めてモスクの中にはいる。

説明担当のアラブ系の男性は

日本語も達者で、親切な方だったf:id:ymy0927:20240519151259j:image

お昼は良友酒家でネギラーメン

シンプルだけど深い味わい


f:id:ymy0927:20240519151311j:imagef:id:ymy0927:20240519151247j:image

元町商店街をぶらり散歩

曲げわっぱの弁当箱を買って

もらった
f:id:ymy0927:20240519151301j:image

月曜日のお弁当

曲げわっぱ弁当箱初日

f:id:ymy0927:20240519151441j:image

火曜日 東京出張

二階堂の醤油ラーメン
f:id:ymy0927:20240519151254j:image

九段会館の建築美
f:id:ymy0927:20240519151320j:image

上野寛永寺
f:id:ymy0927:20240519151304j:imagef:id:ymy0927:20240519151244j:image

不忍池での骨董市と蓮の葉
f:id:ymy0927:20240519151318j:image

車窓から見る夕暮れの富士


f:id:ymy0927:20240519151240j:image

水曜日のお弁当

 

f:id:ymy0927:20240519151525j:image

木曜日 再び日帰りの

東京 日中、車も人も途絶えた

神田界隈
f:id:ymy0927:20240519151522j:image

日本銀行 裏側からの


f:id:ymy0927:20240519151249j:image

帰りの夕食

ハイボールと万カツサンド

最近お気に入りのくみわせ

f:id:ymy0927:20240519151316j:image

日曜日釣り 完全やらかした。
f:id:ymy0927:20240519151309j:imagef:id:ymy0927:20240519151323j:image

この時期恒例のらっきょづくり

f:id:ymy0927:20240519151558j:image

シャウエッセン入りカレーうどん

f:id:ymy0927:20240519153550j:image

f:id:ymy0927:20240519153545j:image



f:id:ymy0927:20240519153552j:image


f:id:ymy0927:20240519153538j:image

市の文化財の洋館が公開されていたので

見学。

写真日記 連休明けて

 

またいつもの日々が戻ってきた。

f:id:ymy0927:20240512054826j:image

f:id:ymy0927:20240512054833j:image

お弁当づくりも続いている。

調査と称しての街歩きも続いている。

f:id:ymy0927:20240512055012j:image

大正区中央区の橋の上から

大阪西部の風景

f:id:ymy0927:20240512055020j:image

店員以外は全て外国人の道頓堀

f:id:ymy0927:20240512055223j:image

小さくなっていくマルビ

f:id:ymy0927:20240512055254j:image

なにげなく水路を撮る

f:id:ymy0927:20240512055344j:image

朝の散歩で見つけた神社

f:id:ymy0927:20240512055535j:image

f:id:ymy0927:20240512055540j:image

トマトと大葉を植えた。

 

先週は、よく歩いたので

土日はゆっくり過ごす予定

 

 

 

 

古代メキシコ展と四天王寺

大阪の中之島にある、国立国際美術館で開催されている古代メキシコ展に、奥さんと一緒に行ってきた。奥さんはこういう博物物の考古学的展示が大好きなのだ。

f:id:ymy0927:20240430054712j:image

すごい数の展示物があり、かつ会場の動線、デザインもすごくよく、ゆっくりと見ることができた。写真の像は特に印象に残ったもの。

表情からは、何も読みとることはできないが、そのことがまたこちらの、想像力をかき立てられる。マヤ、アステカ文明といえば生贄を捧げる文明と天文学に秀でた文明くらいの認識しかなかったが、確かにこの二つの要素はこの博物展において関連する様々な遺物に見られた。

f:id:ymy0927:20240430055649j:image

この置物の頭部の平になっているところに

生贄から取り出された心臓を置いたらしい。

まあ、当時の生贄でなくて本当に良かった。

このインカ、マヤ、アステカ文明が、信じられた神がこれほどまでに苛烈に生贄を要求したのは何故か?比較文化論の視点から考察すれば面白いと思うし、そういう研究や論文はすでに山ほどあるだろう。私が知らないだけだ。

 

博物展のあとは、会場のすぐ前にある

蕎麦屋でランチ。

適当に入ったお店だったが、雰囲気、味、サービス等なかなか良かった。

f:id:ymy0927:20240430060427j:image

休みの日の昼ビールは格別

エビスなのが嬉しい

f:id:ymy0927:20240430060432j:image

お蕎麦は喉越しがよく

つゆは若干甘め。どっぷりと

つけるので自分にはあっている。

お弁当は五穀米にだし巻き、かまぼこ

ほうれん草のお浸し、かぼちゃの煮物

プチトマト、えびの天ぷら、牛肉の時雨煮

量もちょうどいい。

これで1200円は安いと思う。

 

食事の後は地下鉄で移動して

四天王寺へ。

 

実はまだ真面目に参拝したことがなかった。

f:id:ymy0927:20240430061208j:image

境内では大規模な古本市が開かれていて

全体的に和やかな雰囲気。

先程までの生贄を要求する苛烈な神とは対照的に、気持ちが穏やかになる。

このお寺の宗派は和宗とのこと。ちょうど私達が本堂に入った時に、ご本尊の如意輪観音像に法要のためお参りする人がいたが、その人まずは宗派を聞かれていて(浄土真宗だった)、後からお坊さんが唱えたお経は、その宗派に合ったお経をあげていた(南無阿弥陀

節操が無いといえばまあそういうことだか

八百万の神々がおわすこの国のこと。

それもまたいいのではないかと思う。

ご本尊の裏手にはお釈迦様の涅槃図も描かれ

入寂した釈迦の周りを大勢の老若男女が取り囲み嘆き悲しんでいる様子が描かれている。

釈迦は多くの人に愛され、敬われたのだなあと今更ながら思うと同時に、午前中にみたインカの生贄を常に要求してきた神々を思う。

どちらがいいとか、悪いとかではなく。

 

この日は暑く大阪でも気温は30℃近くまで

上がった。

午後2時に帰途につく。

拙いながらも宗教と文明の比較について

考えた1日だった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お弁当とダイエットとご飯の量について




節約とダイエットを兼ねたのお弁当作りが続いている

出勤の日は早朝から作っては、SNSUPするという毎日。

在宅勤務の日も朝作ったものを食べる。

SNS用の写真はできれば斜め俯瞰から撮影したいのでが

ご飯の量が少ないと、弁当というのは締まりがない

ご飯の量は150g 25okcalを目安としているのだが

私が使用している小さめの弁当箱でもご飯は結構スカスカの状態になる。

これだと絵的に持たないので、勢い真俯瞰かせの撮影が中心となる。

ならばとご飯を詰め込むと今度はカロリーが跳ね上がり・・・

難しいところた。

曲げわっぱのお弁当箱に美しく盛り付けられたお弁当の写真をSNS等で見かけるが

あれは器自体が小さいか、または相当詰め込まれているのではないかと思う。

高校生の頃の弁当のようにご飯に箸を刺して箸が立つような弁当がいいなと思うが

今の私はそれほど食べられないと思う。

気になって調べてみたのだが、成人男性のお弁当のご飯の量は一般的にいわれているのは、

180グラムから200グラム。ほか弁では小盛りが180g   普通盛りが260g  大盛りが360g

(店鋪、チェーンによって異なります)。見た目や持った時の重さなど

感覚的なボリューム感を出そうとすると、やはりご飯の量は増やさざるを得ない

さらに調べると、丼もののごはんの量は250g、カレーのご飯の量は

200gから300g  (coco壱番屋は標準が300g)、チャーハンのご飯は量は200gから250g

お寿司はだいたい8個から9個でご飯一杯分になるらしい。

一般的に外食はカロリーが高いといわれるが、ご飯の量だけでみてもわかる。

 

今、これを書いているのが午前9

今朝朝食を食べたのが、午前6

すでにお腹が空いてきている。

本日は在宅勤務、仕事をしながら

冷蔵庫に常備しているマンナンライフの「蒟蒻畑」を一つつまんで

食べたが空腹感はおさまらない。

 

カロリーなんてどうだっていいから

大盛りのカツ丼を食いたい

心から、そう思う。

関西人の東京歩き 晴海フラッグ篇

前回の大手町篇に続いて、一時期入居倍率で話題になった晴海フラッグに行ってきた。このブログをずっと読んでいる人は私がたまの東京出張をいいことに遊んでいるのだろうと思うだろうが、事実は全くその通りで空いた時間をちょこまか使って東京のあちこちを歩きまわっているわけだ。ただ100パーセント遊びという訳ではなく微妙に仕事とも絡んでいる。そういう結びつけ方が年齢とともに上手くなってきた。

 

まあ晴海フラッグである。

私は言いたい。

遠い、遠いぞ晴海フラッグ。

ただでさえ核シェルターかと思うくらいの地下深くにある、車両幅が大阪メトロ鶴見緑地線なみに狭い都営大江戸線に乗り、勝どきで降りて歩くこと公称18分、途中アーチ型の橋があるので余計に距離を感じる。私自身は歩くのが好きで日に10キロ以上歩くこともよくあるので平気だが、お年寄りや女性にとっては中々の距離だ。元気で歩ける人もたくさんいると思うが、雨の日、風の日、暑い日、寒い日、体調の悪い日色々あるぞ。虎ノ門と結ぶバスステーションも出来るようだが、利便性はどこまで、確保されるか未知数だ。

 

f:id:ymy0927:20240420084402j:image
f:id:ymy0927:20240420084422j:image
f:id:ymy0927:20240420084406j:image
f:id:ymy0927:20240420084418j:image
f:id:ymy0927:20240420084408j:image
f:id:ymy0927:20240420084412j:image
f:id:ymy0927:20240420084415j:image
f:id:ymy0927:20240420084359j:image

街自体はいい街だ。

現在建築中のタワー棟以外はすべて板状棟

外観意匠もイヤミなくいいデザイン。

外構計画、運河沿いの遊歩道も植栽計画が

しっかりされておりこれから樹木の成長とともにさらに景観は美しくなるだろう。

価格帯は現在売り出しのもので5000万円台から

上は1億超え。

5000万円くらいなら夫婦正社員共稼ぎなら

何とか返済していける価格だとは思う。

 

これまで東京の埋立地での大規模マンション開発があるたびに誰があんなところに住むんやと

揶揄されてきたが、各マンションは完売して

成熟した環境を形成してきている。おそらくこの街もそうなるだろう。

 

まだ人気も少なく延々と美しく整備された

街路を歩き続ける。

 

私は思う。今のマインドを持ち東京に住み、まだ若く、家族の成長期で持ち家を探しているとしたらこの街は選択肢にはいるだろうか?

 

おそらく、はいらない。

 

すごく整えられた環境 おそらく住民の方々も

それなりの方々が入るのだろう。

青い海(東京湾だが)、緑の街路樹、広い歩道

喧騒や猥雑は遠くにある。

 

でも私の住みたい街はここではない。

何か現実感が乏しいのだ。

 

帰りに乗り換え駅の門前仲町の定食伊勢屋さん

にて肉豆腐定食を食べる。

八幡宮の門前にあり、おそらく昭和から続いているだろう穏やかな雰囲気がある。

f:id:ymy0927:20240421133917j:image
f:id:ymy0927:20240421133915j:image

料理は美味しく、中年の女性店員の方々の

接客はそつがない。

 

私はこういう店が身近にある場所に

住みたいと思うし、幸いなことに

今住んでいる場所にもこういうお店がある。

 

晴海フラッグには住めない、住まない。