走って、呑んで、食って、笑う

50歳からランを始め、フルマラソン、トレランに挑戦しています。ランの話題と日々の出来事をサクッと

チャレンジ富士五湖を終えて。そしてトレニックワールド越生ときがわ50キロエントリー

現在は中々の筋肉痛。

チャレンジ富士五湖、途中リタイアして

自宅に帰ったのが20時。

それから、今日まで丸2日にわたり

お詫びと経緯報告と始発新幹線による 

大阪往復が続き、やっといま終わり

再び東京に戻るところ。

 

さてチャレンジ富士五湖

ウルトラマラソンの厳しさを十分味わった。

ジョグの繰り返しで距離を稼いだら完走できる

と、いう考えは甘かった。  

 

ジョグの繰り返しでも大した距離は

走れていないのに。

 

岩本能史さんの本で、練習メニューとして

峠走がある意味が、とてもよく分かった。

岩本さんの本によると、私のような

フルマラソン4時間半のランナーが

ウルトラマラソンを走る時の設定ペースは

キロ7分17秒。

 

一見ラクちんペースだが

これは、坂道だろうが何だろうが

7分17秒。

 

と、いうことなのだ。

平地でチンタラ、走ることではないのだ。

 

こうまで完敗だと、気持ちいい。

また、鍛え直しだ。

 

とりあえず、出場して良かった。

また、来年、チャレンジしたい。

 f:id:ymy0927:20180424144544j:image

 

この景色を見に行く。

 

そして、トレニックワールド越生ときがわ

エントリー!  50キロ!

 

一昨年のリベンジ。

 

今でもその苦しさを覚えている

私にとって、忘れられないレースだ。

 

トレーニングということを真面目に

考えなければ、今の壁は超えられない。