走って、呑んで、食って、笑う

50歳からランを始め、フルマラソン、トレランに挑戦しています。ランの話題と日々の出来事をサクッと

ありがとう

昔、知り合いだった女性。

たまに、一緒に飲食店
(圧倒的に居酒屋が多かったが)
行った時。

店員さんが、
ビールやおつまみを持ってきて
くれる度に、彼女は
「ありがとう」と言うのだ。

まあ、向こうは仕事だし
いちいち、ありがとうと言うことも
ないのだが、
彼女曰く、
「言うほうも、聞くほうも悪い気はしないでしょ」

なるほど。
その通り。

確かに側で見ていても、ありがとうと
笑顔で言う彼女に悪い印象は
持たなかった。

言われた人も、そのまま受け流す
笑顔で返す、少しびっくりするなど
色々な反応があったが
場の空気がネガティヴな方向に
行くことはほとんどなかった。

誰だって、「ありがとう」と
言われれば嬉しいのだ。


以来、自分でも言うようにしている。
自分自身、それほど愛想がいいほうに
見えないので、言われた人はキョトンとすることもあるのだが、コンビニや
スーパーのレジの方々にも、会計を済ませお釣りを貰う時、「ありがとう」
飲食店では、それに「ご馳走さま」かわ
加わる。


この間、淀川市民マラソンで
フルマラソンを走りきり
ゴールした後、ボランティアの
中学生の子たちが、口々に
「お疲れ様でした」と言いながら
フィニッシャーズタオルと、ミネラル
ウォーターを手渡してくれた。

皆、休みなのに、遊びたいのに
おそらくイヤイヤ出てきてるのだけど
一生懸命やっている。


「ありがとう」

タオルで顔を拭きながら
急に湧いてきた
汗以外のものも、一緒に
拭っていた。